整理清掃 北信越対応 特殊清掃 遺品整理

お知らせ

特殊清掃から最終消臭までの工程の目安

2015.11.30

IMG_4055

 

初期消臭ではご遺族様またはアパート関係者様が入れるレベルまでは死臭などの臭いはある程度までは落ちますが完全に臭いを落とすにはフローリング解体、CF剥がし、壁紙、天井を剥がす必要があります。

床に染みついた体液はフローリングの継ぎ目、またクッションフロア(CF)ウジやハエによって体液が壁紙まで汚染されてる事があります。

IMG_4058

写真のようにCFの継ぎ目に沿って体液が広範囲に合板に浸透しています。

IMG_4057IMG_4072

このように床下の下地まで体液が貫通し、体液を洗浄、除去しない限り、またこの状態でリフォームしてもまた死臭が出てきます。

コンクリ体液反応

専用薬剤を使用すると、このように体液に反応して泡がでます。

この泡が完全に出なくなるまで洗浄、除去またはケレン作業を施工します。

IMG_3096IMG_4084

部屋の内部を解体&スケルトン化して最終消臭を施工し、この後リフォーム作業することによってまたお住まいもしくは次のご入居様が住める環境になります。

この作業を省き、また上からCFなど張りなおしてもまた臭いが浮き上がり次に入るご入居様とのトラブルにも繋がります。

施工期間は死後何週間等で脱臭時間が変動しますが大体3~5日間位になります。

整理清掃では、孤独死、殺人現場、吐血等で汚染された部屋を迅速に清掃、消臭作業をいたします。また遺品整理会社様、大家様、物件管理会社様からのご依頼にも対応しておりますので特殊清掃、最終消臭でお困りの時は整理清掃へお問い合わせください。

 

» お知らせ一覧に戻る

会社案内

整理清掃

整理清掃

株式会社 東和ハウス工営
〒930-0381 
富山県中新川郡上市町久金37
フリーダイヤル.0120-959-884
Fax.076-472-5868